今回はイタリアのサイトが取り上げた、湘南モノレール江ノ島線の映像から。

この路線は、鎌倉市の大船駅から藤沢市の湘南江の島駅までを結んでおり、

1970年に開業、翌1971年に全線開通しました

(路線距離は6.6キロで、大船から湘南江の島までの運賃は310円)。

湘南モノレール江ノ島線は世界的にもかなり珍しい懸垂式ということで、

千葉モノレールと共に海外サイトでよく取り上げられているのですが、

イタリア人の中には、「進んだ日本と停滞したイタリア」の象徴として、

このモノレールを捉える方が少なくないようでした。


翻訳元

・日本がこれだけ発展してる一方、イタリアは進歩がない状態でございます。

・日本の都市にはあんな電車が本当に走ってるの?

俺にはとてもじゃないが信じられない。

・モノレールもメイド

・イン

・ジャパンになるとこうなるのか。凄すぎる!

・俺たちにも偉大だった時代があったんだぜ!!!!😂😂😂 +4

・なんだったらイリュージョンって言われた方が納得出来るわ。

・日本はあらゆる面でイタリアの何年も先にいるね。 +2

・マンマミーア、これはビックリだ。

だけど鉄柱が街のいたるところに立つことになっちゃうよね……?

・バカなこと聞いてすまん、あれはどうやって降りればいいんだ?

・私もどうやって降りるのか分からなかった。

パラシュートで車内から飛んでいくのかな??😂😂 +4

・まぁ日本はこういうことが出来ちゃう国ですから。 +2

・レールの上を走るモノレールは見たことがあったけど、

ああいうふうにぶら下がってるタイプは初めて見た。

・私には何がどうなってるのかすら理解出来ません。 +1

・ローマにもこういうタイプの電車があればなぁ。

そしたら深刻な交通渋滞も解消出来るだろうに。

・WOW この映像本物なんだよね?

アニメの世界の中だけの話かと思ってた。

マジで存在してたなんて映像を観ても信じられん。 +1

・日本にはもうすでに未来がやってきてるんですね。 +2

・あんな電車が地元で走ってたら超クールじゃん。

いつかチャンスがあれば実際に乗ってみたい。 +2

・↑ クールだねぇ。

あんなの本気で造っちゃうのはクレイジーだけど😍 +1

・私の国で造られるとしたら、遊園地の中くらいかな。

・ちょっとちょっと、日本はどんだけ進んだ国なの〜😍😍 +1

・私はあんな鉄道恐ろしすぎて乗れません!w

絶対ずっとブルブル震えてると思う😂 +2

・↑ 俺には仕組みが全く分からないけど、楽しそうだから乗ってみたい。

・ちなみにトウキョウの道路はすごくスムーズに流れてた。

かなり驚いたし、尊敬の念すら覚えたね。

日本みたいなインフラは他の国にはないよ。 +5

・日本はこうやって発展していってるのに、

イタリアは前に進むことなく立ち止まったままだ。 +4

・↑ ローマでも新しい鉄道を造ってはいるんだよ。

でも10年間工事をやって、まだ他の路線と繋がってない。

何の役にも立たない。意味がなかったんだよ。

・カナガワ……ですって?

とっさにスラムダンクが頭に浮かんだのは私だけ?😍 +1

・地下鉄のためにトンネルを掘削していくよりも、

イタリアもああいうタイプの鉄道を作った方が、

最終的には安上がりになるんじゃないのかねぇ。 +2

・日本は俺たちのはるか先を行ってることが判明した! +1

・日本も戦争に負けた国なのに、今では少なくとも20〜25年、

下手をすれば30年は俺らより進んだ国になってるもんね。 +7

・↑ その通り!

しかも日本は空襲と原爆で国が焦土になって、

さらには地震やツナミ、火山だって多い。

それなのに全ての面でイタリアの先にいる。

きっと、過去のミスから学んだからなんだろ……。 +4

・うん、日本は何回も酷い目に遭ってるのにも関わらず、

今では大国としての地位を築いてるわけだからね。

イタリアよりも国の借金は多いけど、

それでも大国であることは間違いない。 +1

・こういうのはいつもいつも当然のように日本だよな。 +1

・日本にはモノレールを造れるだけのお金がある。

イタリアは何か犯罪的なことでもやらない限りは難しいな。

・やっぱり技術力に関しては日本が世界のトップなのか。

・俺が日本旅行からイタリアに戻ってきたときに、

一番恋しく思った日本の物はやっぱ鉄道だったわ。

・イタリアが呑気に歌って踊って過ごしてるあいだ、

日本はこうして前に進んでいたのであった。

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無し
    • 2019年09月16日 13:07
    • うちの直ぐ脇にもコレ走ってる。千葉市だが。
      そんなに騒音は無いよ。
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット